ThreesGatewayβ版をリリース 不特定多数が入室する空間の安全管理に一石

Threes Gatewayβ版をリリースしました。

このThreesGatewayは主にホテル、民泊、レンタルスペースなど不特定多数が入退室する空間管理に特化してIoTを一元管理することのできるIoTゲートウェイです。

上記の施設では無人省人の流れが加速しており、そのトレンドの中で当社、また当社取引先の運営事業者が求める

IoTソリューションを空間単位で一元管理できるゲートウェイの着手をはじめました。

これまで当社ではホテル、民泊、レンタルスペースあらゆる空間運営の支援に関与してまいりました。その中で不要な作業は自動化、または省人化していくべき、もっとコアな業務にリソースを投下するべきという思いからIoTの施設導入を強く推奨しています。ThreesGatewayβはそのファーストリリースに位置付けられます。

当初は予約情報を取り込み事前に回収した情報に基づき電子キーを発行するスマートロックに関連する機能がメインですが今後、webカメラや防犯センサー、煙探知などあらゆる製品の一元管理をThreesGatewayにて行うことができるサービスに昇華させてまいります。上記業界には様々なPMSや在庫管理システムがありますが、競合するものではなく協業するものでありThreesはあらゆる予約情報を取り込みIoTとのハブとなります。

今後空間運営に最適と判断するまたは利用需要の高いIoTメーカー、ベンダーとの協業を図ってまいります。

詳細はThrees ShopのGatewayページをご参照ください